flower border

東社旬月

長い転勤生活を終えて東にお社を眺める住まいに落ち着きました。ここで日々あれこれ好きな事、気になったことを書いていきたいと思います。

南関あげのおいなりさん

Category料理
お稲荷さんといえば三角の形がお馴染みです。
具はシンプルに酢飯だけのもおいしいけれど
ワサビ菜や胡麻、五目に柚子なども好きです。

10月は和食。
この日は南関あげというお稲荷さんを
作りました。

10月和食5

このように↑ロール型の珍しいもの。
お揚げも独特で乾燥した正方形のお揚げを
くるりと巻いて二口サイズくらいにカットして食べやすくしました。
味は柚子と胡麻と実山椒の3種類。

お揚げは醤油、砂糖、出汁、酒で煮ていきますが
醤油の分量の中に半分ほど白たまりという醤油を混ぜて煮ました。
白たまりを入れて劇的な変化はありませんでしたが
とてもおいしく、それぞれの味が活きていて
実山椒が一番気に入りました。

その他のメニュウは
秋刀魚の鞍馬煮
昨年も作ったものですが、旬のものはいいもので
つい焼いて食べてしまうところを
丁寧に作るのもいいものですね。

10月和食6

なんだかわかんなーい 写真ですが
黄菊と紫菊の酢橘ひたし なのです。
酢の化学変化で紫菊の色が出てしまい、ザンネンな色合いになってしまいました。
でも、お味は土佐酢を使っていているので
甘酢とはまた違う良さがありおいしいものでした。

10月和食4

シメジと春菊などのお浸し
このシメジは茹でるのではなく、グリルで4分ほど焼いたので
香たかくこおばしさもあり美味でした。
焼くことで旨みが増すような気がして
この頃はマイタケなども焼いてからお浸しを作るようになりました。
先日は湯豆腐の上に焼きマイタケをトッピングして
おいしくいただきました!

10月和食3

無花果の白和え
この白和えごろもは金ごま豆腐を使っていて
とても美味しくてみなさん絶賛でした。
他にも白みそ、練りごまも入れるのですが、このごま豆腐が更に
旨さアップなのでした。

10月和食2

デザートは先生がご用意くださったナツメのシロップ煮
珍しい白ザクロの実を散らしてお化粧しています。

10月和食9

箱膳のように盆に納めてセッティング。
写真左下のスダチがのせてある小皿は南関あげをのせる取り皿です。
この日は小皿だけ好きなデザインを選んで皆で楽しみました。
私はちょっと変わった形の水玉にしました。

10月和食1

先生ご提案の和食メニュウは大好きで
どちらかというと洋食の時より楽しみです。
今年もたくさん教えていただき、旬のものをいただいて
先生ご自慢の山椒もあって
嬉しい楽しい和食のレッスンでした。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

2 Comments

HASU*  

こんにちは。

美味しそうなものがズラリと!
南関あげというのを初めて知りました。
松山あげのような感じなのかしら、、と勝手に
想像しているのですが。。

和食の醍醐味は、見て味わうところでしょうか。
こうして少しずつ色々なお料理を愛でながら頂く。。
家庭料理ではなかなかすべてを揃えることは難しいけれど、
ひとつふたつをチョイスするならとっつきやすそうですね。

2017/11/28 (Tue) 15:10 | EDIT | REPLY |   
きこ">

きこ  

HASUさんへ

HASUさん こんにちは。

> 美味しそうなものがズラリと!

美味しそうでしょ(^^♪
HASUさんもきっと鞍馬煮やイチヂクの白和え お好みだと思います。

南関あげは私もはじめての食材でした。
仰るように松山あげにちょっと似ているかも、
おあげの食感が松山あげのそれに似ていました。
薄くて食べやすかったですよ。

> 和食の醍醐味は、見て味わうところでしょうか。

そうですね!
盛り付けとか色合いとか、目にもご馳走ですよね。
菊の和え物は、作った当初は黄と紫のコントラストが
綺麗だったのですが、テーブルセッティング後に
皆で写真を撮っていたら、だんだん変化がおこってしまったのでした。

和食は時間と手間がかかるので、皆で作るから
できますが一人ではできないです 私の場合(-_-;)
でも、単品なら作れそうなものは
普段の食事に取り入れられるので嬉しいです。

食用菊もこれまでは買いませんでしたが
季節に一度だけ(笑い)買って、単品でなく
他の野菜と合わせて和え物や、酢の物に
するようになりました。
季節のお楽しみ、ということで(^^♪

2017/11/29 (Wed) 15:03 | きこさん">REPLY |   

Post a comment