FC2ブログ

東社旬月

長い転勤生活を終えて東にお社を眺める住まいに落ち着きました。ここで日々あれこれ好きな事、気になったことを書いていきたいと思います。


名月

  1. 2017/10/05(木) 15:21:56|
  2. 季節と自然
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
すっかり秋のようすになりました。
温かい飲み物がおいしく、キルトガーゼのカバーに包まれた布団が気持ちよい。
新米も買いましたし
果物コーナーでは大好きな葡萄にはじまり、梨、無花果、林檎、柿、蜜柑が
ならんでいて目がはなせません!

ベランダでは夏と秋の花が同居中。

ペンタス

ペンタスはまだまだ葉の艶よく、花芽もあがっていて
とても元気です。
小さな苗から大きく育ち夏のはじめ、おわり、そして今も尚
私を楽しませてくれています。

千日草

千日草も花がとぎれなく咲き続けてくれて
かわいい珊瑚色がお気に入りです。

コーラル菊

コーラル、と名札にあった小菊。
買った当初は黄色がまさっていましたが、気温が低くなるにつれて
コーラル色になってきました。
写真では黄みおびていますが、今週でずいぶんコーラルになってきました。

ダンギク

菊も様々あって、こんなふうに上へ上へと段々に伸びて
花をつける菊もあります。
この二藍色が好き。

さて、昨夜は中秋の名月でしたね。

2017月見1

こちらは夕暮れ後、雲も無く満月に近い月がぽっかりと空に
浮かんでいる様子で綺麗だったのですが
食事や片付けを済ませてベランダに出てみると
雲に包まれようとしていました。

2017月見2

漆黒に浮かぶ名月もよいのですが
夜空に雲と光と月が織りなす様子がなんとも美しく
このような名月もいいなぁ としばらく眺めていました。

とても素敵な光景だったのに、いざ撮るとデジカメの限界~
こんなときはちゃんとしたカメラで撮ってみたいなぁ。
皆さんも美しい月の出をご覧になったでしょうか。



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村






スポンサーサイト

<<人生100年時代には覚悟が要る | BLOG TOP | 進撃の小池百合子さん だけど・・・>>

comment

  1. 2017/10/05(木) 21:57:43 |
  2. URL |
  3. HASU*
  4. [ 編集 ]
きこさん、こんばんは。

きこさんのベランダ、お花がいっぱいで賑やかですね。
珊瑚色の千日紅、珍しい色ですね。
赤やピンクや白はよく目にしますが、
初めてみたかもです。
紫の菊、 段菊ですね。
花が枯れた後の姿も私、好きなんですよね~。

中秋の名月、生憎こちらはくもり空で
お月さんを見られなかったので、
こちらで見られて良かったです。
雲に包まれているような感じが
神秘的に思えます。


HASUさんへ

  1. 2017/10/06(金) 16:03:03 |
  2. URL |
  3. きこ
  4. [ 編集 ]
HASUさん こんにちは。

> きこさんのベランダ、お花がいっぱいで賑やかですね。

この他にもまだサフィニアやポーチュラカも少しだけ咲いているんですよ。
もう、そろそろ終わりかなぁ というかんじですが。
今の住まいになって室内の観葉植物をはじめ
ベランダでもグリーンが主になってきました。
シマトリネコ、ユーカリ(ポポラス、レモン、グーニーの3種)、ミモザなど
大きくなって茂ってくれるといいなぁ 夢見ています(^^♪

でも、季節の花もやっぱり欲しくて。
先日は「ももこ」というパンジーを買いました(^o^)

> 紫の菊、 段菊ですね。

よくご存知で!
ダンギク、いい色合ですよね~♡
そして仰るように花が枯れたあとの姿もいいですね
茶色の花がらを落とすと、緑のフサがそろったようになりますね
いいかんじ(^^♪

そちらでは名月がかくれちゃいましたか。
この秋は、明るい名月と雲と光の世界に浮かぶ幻想的な月と
眺められてよかったです。
ドビュッシーのピアノ曲で、月の光というのがあるのですが
その曲を思い出しました。


管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/10/07(土) 16:18:01 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさんへ

  1. 2017/10/08(日) 14:47:54 |
  2. URL |
  3. きこ
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
新しい挑戦をはじめられて1か月が過ぎましたね。
夢中の日々の中、心身ともにお疲れのことと思います。
そのような中でも、満月の美しさを一声かけて
知らせてくださるご友人がいること、嬉しいですね。

今回のコメントを興味深く読ませてきただきました。
人は必ずルーツを持っているのに、
それをさかのぼることはなかなかに困難なのですね。
明治、江戸後期くらいまでが限度なのでしょうか。
でも、それ以前も戦国の世、室町、鎌倉、平安、奈良・・・と
続いているのですよねぇ 考えてみれば。

財産分与のことで、ふと思いました。
3代目に子供が授からず夫婦のみ、という親戚がいますが
この場合は夫婦が亡くなったあとで、その土地は誰が相続するのでしょう。
(兄弟姉妹ない場合は従弟になるのかな?)
空き家も問題になっていますが、相続する者がいないこともあるのでしょうか?

3連休、ゆっくり過ごして心身を休められますように。
おいしいものを食べて英気も養ってくださいね!





管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/10/08(日) 16:59:47 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

鍵コメントさんへ

  1. 2017/10/09(月) 12:04:38 |
  2. URL |
  3. きこ
  4. [ 編集 ]
こんにちは。

そういうことなのですね。
流れるような系図をお持ちの人ばかりではないですものね。
複雑な家族関係も方達もいらっしゃいますから
相続の問題は複雑ですよね。
加えて分割問題などは争いにもなりますし・・・

鍵コメさん 新しい扉をあけてやはりよかったですね!!
少しずつ知識を得ながら、コツコツと粛々と進めること
なんだかお似合いのように感じられます。

役に立ちたいという気持ちは周りに伝わると思います。
ご苦労も大きいかと思いますが、
活躍をお祈りしています。


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback