東社旬月

長い転勤生活を終えて東にお社を眺める住まいに落ち着きました。ここで日々あれこれ好きな事、気になったことを書いていきたいと思います。

角野栄子の毎日いろいろ(角野栄子著)

  1. 2017/09/05(火) 15:08:28|
  2. 読書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
料理家の辰巳芳子さんの艶やかな白銀の御髪(おぐし)に
憧れをもっている私ですが、角野さんの御髪と共に
日本人の老女の常識を覆すような出で立ち、
晴れやかな雰囲気に惹かれ読んでみたいと思いました。
即図書館に予約!
順番がまわってくるのを楽しみに待っていました。

角野1

魔女の宅急便という児童書をご存知でしょうか。
ジブリのアニメ映画にもなりました。
その作者が角野栄子さんです。
翻訳もたくさん!ブルーナ氏の翻訳も数多くてがけていらっしゃいます。
(ミッフィーで有名)

そんな彼女の暮らしぶり、来し方、装い、日々のごはん、を
紹介した本です。
楽しく読みすすめながら
意志の強さとしなやかさを持ち合わせ
自分の好きなことにブレず
食事や装いを大切にしていることなどが
彼女を作っているのだなぁ と感じました。

また、角野さんは母と同年齢なことに驚愕を覚え
老い方のあまりの違いを感じずにはいられませんでした。
八十路を迎えても、このように暮らせることは
なんと幸せなことなのか、
と、同時に努力や気力の大きさ深さを
思わないではいられませんでした。

ワンピースが実にお似合い。
自分の気持ちを引き立てるものをいつまでも大切にされている姿勢もまた
見習いたいと思いました。

角野2

苺色はわたしの色 と角野さん。
この本棚はその好きないちご色です。
わたしの色にわたしの一番大切なものが置かれています。
この苺色本棚に一番私は心奪われたのでした。


スポンサーサイト

<<草露白(くさのつゆしろし) | BLOG TOP | 君の名は?>>

comment

  1. 2017/09/05(火) 20:46:45 |
  2. URL |
  3. HASU*
  4. [ 編集 ]
こんばんは。

恥ずかしながら魔女の宅急便の作者が、
角野栄子さんとは知らなかったです(-_-;)
80歳を越えられてるとのことですが若々しい。
老い方の違い・・随筆家の吉沢久子さんも
90歳越えられているのに矍鑠として暮らしてらっしゃいます。
努力や気力を見習いたいと思うばかりです。話しはそれちゃいましたが、
苺色の本棚、きれいに並べられた本棚、気持ちがいいですね。
苺色・・いい色♪

HASUさんへ

  1. 2017/09/06(水) 14:41:39 |
  2. URL |
  3. きこ
  4. [ 編集 ]
HASUさん こんにちは。
私も知らなかったのです、本の紹介を見て
そうだったのね、というぐあいで。
そして、このような老婦人が著者なんてステキ魔女だわ なんて思ったり。

> 80歳を越えられてるとのことですが若々しい。

そうなんです、実に若々しい!
本中に桜色のワンピースを着ている写真があるのですが
どうしたらこうなるの?と驚きをかくせません。

私もちょっとだけでよいので年齢不詳なおばーさんになってみたいなぁ。

> 90歳越えられているのに矍鑠として暮らしてらっしゃいます。

私も吉沢久子さんの御本も読みました。
仰るように本当に矍鑠としていらっしゃいますよね。
幾つになっても世の中に興味をもち
人との交流を続け
暮らしの細々を自分で行う(これは年齢がいくと大変なことと思います)
家事ができる
料理を作れる
ということが、どんなに大切なことかを感じるようになりました。


  1. 2017/09/06(水) 22:10:32 |
  2. URL |
  3. 葉月
  4. [ 編集 ]
確かに素敵な方ですね。
最近では80代でもお元気な方がたくさんいらっしゃいますが、ご自身の個性をきちんと持っていらっしゃる方は輝いていらっしゃいますよね。

日々の暮らし方の賜物なのでしょうね。

うちの母も80歳ですがヘルパーさんのお世話になっていますから、やはり健康であることが大事です。

管理人のみ閲覧できます

  1. 2017/09/08(金) 07:38:23 |
  2. |
  3. [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます

葉月さんへ

  1. 2017/09/08(金) 13:56:45 |
  2. URL |
  3. きこ
  4. [ 編集 ]
葉月さん こんにちは。

仰るように元気な方とそでない方の落差が
高齢になると大きいですよね。
つい悪いほうを思いがちですが
こんなふうに高齢になっても、個性豊かに暮らせることが
できている方を拝見すると明るい気持になりますし
お手本のように思えて嬉しくなってしまいます。

どーでもいい
なんでもいいやぁ
めんどうでしかたない
と思わずにいかに暮らせるか!

お母様は助けを借りていらっしゃるのですね。
両親もそのうちたどる道と思います。
少しでも長く自立して生きることが可能なように
願うばかりです。
お母様が夏の疲れがでませんように。
葉月さんも!

鍵コメントさんへ

  1. 2017/09/08(金) 14:02:00 |
  2. URL |
  3. きこ
  4. [ 編集 ]
こんにちは。
お金がたくさんあると大変なこともありますよね。
家族構成が複雑な場合も・・・
相続させる者も、する者も感情のもつれは恐ろしいです。
人は働かないで得られるお金については貪欲なもの。
難しいものですよねぇ

忙しい中で、お身内の行事参加もこなされて
ご苦労様です。
お疲れが残りませんように。




 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback