FC2ブログ

東社旬月

長い転勤生活を終えて東にお社を眺める住まいに落ち着きました。ここで日々あれこれ好きな事、気になったことを書いていきたいと思います。

ジェンダーを思う

新聞のお悩み相談で、父親の女装問題があがっていました。
相談者は娘で堂々と自分の前で女装する父親にショックを受けている、というものです。
(母親は単身赴任で別居だが同じくショックを受けている)

回答者は、娘として辞めて欲しい気持ちを汲み取りながらも
一方的に変態と決めつけない事
腹をわって話し合ってみること
(どういう思いで女装しているか、子供の頃はどうだったのか、好きなのは同性なのか異性なのか 等々)
女装は趣味なのか、本気で女性になりたいのか、どちらなのか知る事も大事なこと
と、解いています。

相談者の娘の年齢は記してはいませんが、
これはなかなかハードルが高い対処を求められていると感じました。
人生経験が少ない年齢では両親の架け橋になるのも大変なことだと思います。
それでも、やはり女装の父親との話し合いは必須のように
思いました。

また、回答者は40代のある男性のことをはなしていました。
大手電機会社の社員であるその男性は趣味としての女装でなく
自分が女性であることを重んじていました。
ついには、会社への女装して勤務し、人事部へ性転換の希望を訴えたそうです。
人事部担当は社歴を振り返り、以前2人のトランスジェンダーがいたことを認め
今後更にこうした事態が増えることを見越して
性転換について新たな社則を作ったそうです。

これには時代の進歩を思わずにはいられません。
私が勤務していた30年前には考えられなかったことです。

今回のお悩み相談を読んで
ジェンダーの問題はその人が自分らしく存在する芯の部分に
関わる大切な問題だと改めて感じました。
と、同時に夫や息子が趣味の女装を理解してほしい、との
申し出があったら・・・
趣味でなく女性になりたい!と言われたら
いったい私はどうするだろう・・・
などと、いろいろと考えさせられました。

私は女性であることをよかったと思っています。
生まれ変わっても女性がいいな。
自分を受け入れられていること、大切なのですね。






にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
Category : 広がる思い
Posted by きこ on  | 0 comments  0 trackback

チョコ祭り

まもなくバレンタインですね。
皆さん チョコレートをご購入でしょうか。
駐在していた国では、男性が女性にお花やチョコレートを贈る習慣で
日本とは逆でした。
カードにも、妻へ・・・なんてタイトルのカードも売っていたのでした。

長く駐在していたので、夫も感化されるかなぁ~ と思っていたけれど
全くその気配なし!
で、そのまま帰国の途についたのでしたΣ( ̄ロ ̄lll)

私の住む地方ではチョコレートを好む人が多いのか?
デパートのバレンタイン催事は大変な盛り上がりです。
私も帰国後、楽しみにショコラパーティーなるものへ
でかけていたのですが、何しろ大混雑の上、行列して買い求める・・・
というのについていけなくなり、今冬のインフルエンザ猛威も
気になり出かけることを辞めました。

そして近所などでお買い物。

くおん4

これはなに?ちょっとクレヨンみたいな色みですが~

くおん3

近所のスーパーで六花亭フェアで買いました。
チョコレートなんですよ。
味が8種類あるのだそう。
フルーツ、抹茶、ミルクチョコ、ダークチョコです。

くおん2

こちらの久遠のチョコレートは
障害をもつ人たちも共に働くチョコレート工房です。
ドライフルーツ、豆、種などチョコに混ぜ合わせて
多種な味のチョコレートを作っています。
最近、店舗を知り訪ねて行って買ってみました。
バレンタインも近いので、売り切れも出ていて多種でないのが
残念でしたが 早速黒豆ほうじ茶味を食べてみて
とても美味だったので売り切れ納得でした。

くおん5

生協のロイス祭りで注文しました。
ロイスチョコレートのオランジェット。
これが好きなの。
洋酒入りボンボンの次に好き(*´∀`*)
高給チョコレートはないけれど、
今年は少しずついろいろなチョコを夫と一緒に楽しみたいと思います。

以前は、圧倒的に想いを寄せる人や夫に。
あるいは義理チョコも大流行りでした。
友チョコもありますね。
けれど今では一番の目的は自分自身へ贈り物だそうです。
かくいう私も自分用のオランジェットを買いました!
これからボンボンも買う予定(*´艸`*)



にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

Posted by きこ on  | 4 comments  0 trackback

mutter③

先日の節分の日にお買い物へ行ったら、山のような恵方巻が並んでいて壮観。
スーパーのお惣菜売り場、テナントのお寿司屋さん、
カツ屋さんにも具材がカツのもの、と出で並び
お客さんもたーっくさん!
けれど、これ全て売れるの?

昨年のニュースでたくさんの売れ残りが廃棄されているニュースが浮かぶ。

今年近所のスーパーでは恵方巻の予約受付していて
これはいいな!
どうしても食べたい人は予約しておくの。
そしてお店は大量に作らない。
売れ切れちゃったら?
堂々と完売御礼!!
これでもいいよね~

Category : 未分類
Posted by きこ on  | 2 comments  0 trackback

薄氷 うすらひ

薄氷、うすごおりと読むけれど、うすらひとも読むそうです。
氷だけど歳時記では春の季語になっているそうですよ。
うすらひ・・・和語のようでいい響きですね。

この季節 厚く張った氷がいつの間には薄くなっている薄氷。
また、一旦あたたかくなった後で、寒さがぶり返し氷が張るのも薄氷。

今日は立春。
その立春に合わせたように今朝は冷え込み無く暖かい朝でした。
そしてそのまま気温が上がってあたたかーい(^o^)
暖かいのってご馳走みたい。

立春なのでこれまで飾っていた刺繍額を(冬もの)
春らしいものに掛け替えました。
まだチューリップっもライラックも咲いていないけれど
これにしっちゃった↓

はるはな1

実は小さなグレーの小鳥もいるんです。
おわかりの方 いるかしら。

はるはな2

本当に春めいてくるのはまだ先だし
薄氷がとけて、氷が張らなくなるまで もうしばらくの辛抱。
今月は少しずつ三寒四温になっていくかな。

皆も春待ち顔になっていく頃。

Category : 季節と自然
Posted by きこ on  | 2 comments  0 trackback

mutter②

化粧やライトの工夫をせずとも、アップに耐えられる顔は存在する。
強烈な意志と知性が見る者の目に染みてくる・・・

そう記事に書かれたそばには
ノーベル賞受賞者の山中伸弥さんの真剣勝負のアップ写真。
大きく納得!!

そして、私はもうひとつアップの顔を思い浮かべる。
それは深い愛情あふれる慈しみの顔。

どちらも人間の崇高さが感じられるようでいいなぁ。

Category : mutter
Posted by きこ on  | 2 comments  0 trackback